きれいな状態で売る

カメラに限らず、どのような商品であっても、まずはきれいな状態にしておくことが、高く売るための基本です。カメラの場合においても、買取り依頼をする前には、一通り清掃をしておくことが大切になります。このちょっとした作業を行うか行わないかによっても、買取り金額が異なってくるのです。ただし、清掃をする場合には注意点もあります。それはレンズにキズを付けないことです。

レンズカメラというのはレンズが命と言っても過言ではありませんので、レンズにキズがあると、買取り価格が大きく下がってしまうことや、キズの状態が酷ければ、買取り不可能になってしまうこともありえます。カメラを使用していないときは、レンズを保護して保管することが大切です。他の部分もできる限りキズを付けないようにしましょう。

カメラは外に持ち出すことが多いものです。外に持ち出すと、どうしても室内よりも汚れやすくなります。室内であっても、カメラを裸のまま保管しておけば、ホコリまみれになってしまいます。カメラのような精密機器は、ホコリや汚れに弱くなっているので、いくら防塵機能が備わっている種類であっても、定期的な清掃は重要です。きれいな状態にしておくべきなのは、カメラ本体だけではなく、付属品でも同じことが言えるでしょう。