付属品も一緒に売る

少しでもカメラを高く買取りしてもらうためには、付属品やオプション品も一緒に売ることが大切です。付属品の中には、無くしてしまうと大幅に買取り価格が下がってしまうものもありますし、店によっては買取りできないと言われてしまうこともあるでしょう。付属品にもいろいろとありますが、デジタルカメラの場合には、メモリーカードや充電器などは無くしてしまうと致命的です。

お財布説明書や箱であっても、無いよりはある方が高く売れることは確実ですので、きれいな状態で保管しておくようにしましょう。カメラにはいろいろなオプション品も存在していますが、後から買い足したオプション品も一緒に買取りをしてくれる店が多くなっています。後から買い足したオプション品は、単品で値段を付けてくれることが多いでしょう。単純に数が多ければ、それだけ高く売れるのです。

しかし、オプション品単品だけでは買取してもらえないこともあるので、カメラ本体と一緒に売らなければいけない商品も存在しています。もしオプション品を使っていた場合には、カメラの本体やレンズと一緒に売ってしまいましょう。もちろん売る前には、事前に店に問合せをして、オプション品も一緒に買取してもらえるのかを確かめておくことをおすすめします。